コピー機を買うときに気を付けるべきポイントとは

コピー機は非常に便利なOA機器です。そのため現代のオフィスには必要不可欠な存在となっています。そのため小規模な事務所であっても何らかの形で導入しなければなりません。そのような高い需要があるOA機器なのです。しかしながら必要であるからといって安易に購入すると言う選択を取るということが最も正しい選択であるとは限りません。様々なケースに応じて適切な導入方法を検討することが大切です。これからコピー機を導入しようとする場合の導入方法としては新品の購入のほかに中古の購入、あるいはリース契約を結んだりレンタルサービスを利用するという方法もあります。これらの全てにメリットとデメリットがありますので違いをよく理解して最適な選択を行うことが求められます。

購入とリース、レンタルで気をつけること

コピー機の導入方法としては購入のほかにリース契約やレンタル契約を結ぶ方法があります。これらの契約が導入の最初の段階にしか決めることができません。そのため充分に気をつけて現在の導入先に最もふさわしい選択肢を選ぶ必要があります。下長期間のよう想定しているのであればリース契約が最もメリットがある場合が多いです。一方短期間の利用を想定しているのであればレンタル契約の方がトータルコストは低くなる場合もあります。これらのサービスを利用せず購入した方が良いと言うケースも稀ながら存在しています。あまりこの分野の知識に詳しくないのであれば専門の業者、あるいは代理店に相談することで間違いのない選択をするように気をつける必要があります。コピー機の導入は最初が肝心なのです。

購入する場合とリース契約、レンタル契約の違いについて

コピー機を導入するにあたって大きくその方法を2つに分けることができます。1つは購入と呼ばれる方法です。新品あるいは中古のコピー機を買い取ることにより所有権を持つことになります。不要になった際には売却することができると言う点が1つのメリットであるといえますが、導入のための初期費用が負担になる場合もあります。リース契約やレンタル契約は所有権を持たずに運用することができます。税制面でのメリットがあるほか、故障時の対応などトータルでサポートを受けることができる場合が多いです。リース契約は長期契約の場合に、レンタル契約は短期契約の場合にメリットが最大になる特徴があります。契約期間中は解除することが難しいですが、イニシャルコストが少なく済むと言う点で魅力があるといえます。